August<< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>September

2022年01月23日 5:55 pm

Microsoft Edgeの「音声で読み上げ機能」が使えます。
使い方はブラウザー上でマウスを右クリックする。

パラリンピック 東京2020大会競技別タイトルと概要(発表用 作業レベル)

2020/12/4 14:20

パワーリフティング Ver.
タイトル:

パワーリフティングは一瞬で上半身の三頭筋と集中力を発揮させる勝負

ファーストパラグラフ(概要 段落):

パワーリフティングは多くの観客を集める人気競技の一つで、バーベルを押し上げ重量を競うベンチプレスのみ行われます。試合は独特の緊張感の中、鍛え上げた筋肉と集中力が試され更なる記録更新に注目!日本勢は合宿や練習会で強化を図りメダル獲得を目指す。

参考元:https://tokyo2020.org/ja/paralympics/sports/powerlifting/

車いすフェンシング Ver.
タイトル:

車いすフェンシングは正確な剣術と強靭なメンタル、駆引きの真剣勝負

ファーストパラグラフ(概要 段落):

パラ フェンシングは上半身の動きだけで戦う過酷な競技です。試合は至近距離で行われるため確実な剣術や高い集中力、精神力、機敏さが求められ一瞬の隙を突き合う攻防戦に注目!日本勢は強化指定選手を中心に合宿や海外転戦などで強化を図りメダル獲得を目指す。

参考元:https://tokyo2020.org/ja/paralympics/sports/wheelchair-fencing/

テコンドー Ver.
タイトル:

テコンドーは相手の特性を見極めた戦略や豪快な蹴り技で勝負に挑む!

ファーストパラグラフ(概要 段落):

パラ テコンドーは蹴り技を特徴とし東京2020大会から正式競技となった格闘技です。試合は相手と至近距離で対峙し、華麗で力強くスピード感ある足技や蹴り技の応酬、鉄壁のガードは迫力満点!日本勢は強豪国相手に開催国としてデビュー戦で初代メダリストを目指す。

参考元:https://tokyo2020.org/ja/paralympics/sports/taekwondo/

柔道 Ver.
タイトル:

柔道は身体や運動能力を最大限に発揮し、己の技で一瞬の勝機に挑む!

ファーストパラグラフ(概要 段落):

パラ柔道は全力での激しい技の応酬により体力の消耗は激しく、瞬発力や集中力、持久力が求められる競技です。試合は微妙な持ち手争いや攻める戦略、一本狙いの大技が繰り出され迫力あるスピーディーな試合展開が魅力!日本勢は経験を活かし更なる活躍に期待する。

参考元:https://tokyo2020.org/ja/paralympics/sports/judo/

車いすバスケットボール Ver.
タイトル:

車いすバスケは高い身体能力と緻密な戦略、チームワークが勝敗のカギ

ファーストパラグラフ(概要 段落):

バスケットボールは世界的に人気があり普及度も高い競技です。試合は巧みな車いす操作や正確性と精度あるシュート、選手同士の激しいぶつかり合いなど独特の戦術で魅せる華麗なプレーに注目!日本勢は強豪国相手に「全員バスケと速攻」でメダル獲得を目指す。

参考元:https://tokyo2020.org/ja/paralympics/sports/wheelchair-basketball/

車いすラグビー Ver.
タイトル:

車いすラグビーは緻密な戦略と時間管理、チームワークが勝敗のカギ!

ファーストパラグラフ(概要 段落):

ラグビーは車いす競技で唯一、タックルが認められた男女混合の競技です。試合は華麗な車いす操作や素早いボール捌き、大迫力のタックルなど選手同士の激しいぶつかり合いとスピーディーな展開が魅力!日本勢は新コーチを招き切磋琢磨で金メダル獲得の目標に挑む。

参考元:https://tokyo2020.org/ja/paralympics/sports/wheelchair-rugby/

卓球 Ver.
タイトル:

卓球は粘り強いラケットワークと集中力、己のスタイルで勝負に挑む!

ファーストパラグラフ(概要 段落):

パラ卓球は出場選手が多く特有のルールが適用される競技です。試合は多彩なプレースタイルや正確なラケットワーク、多様な戦略、粘り強いラリー応酬、高いパフォーマンスなど最強の座を狙う戦いに注目。日本勢は強豪国相手にベテラン勢や若手で活躍を目指す。

参考元:https://tokyo2020.org/ja/paralympics/sports/table-tennis/

バトミントン Ver.
タイトル:

バトミントンは強靭な上半身や予測力を活かし緻密な戦略で勝負に挑む

ファーストパラグラフ(概要 段落):

パラバトミントンは東京2020大会から正式競技となり初代金メダルを狙った熱い戦いです。試合は強烈なショットやラリーの応酬、戦略的な攻撃、各選手のプレースタイルやスピーディーで迫力ある試合展開に注目!日本勢は強豪国相手に切磋琢磨で世界の頂点を目指す。

参考元:https://tokyo2020.org/ja/paralympics/sports/badminton/

車いすテニス Ver.
タイトル:

車いすテニスは巧みなチェアワークと技、敏捷性や緻密な戦略の勝負!

ファーストパラグラフ(概要 段落):

パラテニスは世界的に知名度も高く人気がある競技で、試合はラリー展開の先読みと予測で素早く的確に打点を入れる多彩なショットや絶妙なロブショット、迫力あるスマッシュなど正確なボールコントロールに注目。日本勢は成長を遂げる若手選手の活躍に期待する。

参考元:https://tokyo2020.org/ja/paralympics/sports/wheelchair-tennis/

射撃 Ver.
タイトル:

パラ射撃は自然を読み究極の精度と正確性、己の精神と集中力の勝負!

ファーストパラグラフ(概要 段落):

パラ射撃は遠方に固定された円状の的を撃ち、正確性や安定性を競う過酷な競技です。試合は究極のプレッシャーの中、何事にも動じない感情の制御や撃発の微妙な技術、練習通りパフォーマンスを発揮できるかに注目。日本勢は多くの選手を送りメダル獲得を目指す。

参考元:https://tokyo2020.org/ja/paralympics/sports/shooting/

馬術 Ver.
タイトル:

パラ馬術は歩様や技の正確性、同調性、人馬との一体感が勝負のカギ!

ファーストパラグラフ(概要 段落):

パラ馬術はオリンピック競技とは異なり、技の正確さや演技の美しさを競う馬場馬術(ドレッサージュ)のみが行われます。 試合は馬との信頼関係を築き、人馬一体の華麗な演技に注目。日本勢は強豪国相手に強化指定選手を増やし、厚みのある陣容で躍進を目指す。

参考元:https://tokyo2020.org/ja/paralympics/sports/equestrian/

5人制サッカー Ver.
タイトル:

5人制サッカーは感覚を駆使し仲間の信頼や絆を築き、ルールとの戦い

ファーストパラグラフ(概要 段落):

5人制サッカーはアイマスク(目隠し)を着用しプレーする競技で、試合中は観客に静寂が求められ、プレーは想像以上に激しく足先の感覚を駆使したドリブルや守備を巧みに抜いていく華麗な姿に圧巻!日本は合宿や海外遠征を重ね開催国、初出場でメダル獲得に挑む。

参考元:https://tokyo2020.org/ja/paralympics/sports/football-5-a-side/

ゴールボール Ver.
タイトル:

ゴールボールは静寂の格闘技、全神経を集中させ緻密な戦略の攻防戦!

ファーストパラグラフ(概要 段落):

ゴールボールは全員アイシェード(目隠し)を着用し様々な工夫を駆使しボールの音を消すなど多彩な球種の駆引き、試合は凄腕の攻撃や力強い守備など鋭敏な技とチーム&ベンチワークに凝視。日本男子チームは強化を図り、女子は悔しさをバネに金メダル奪還を目指す。

参考元:https://tokyo2020.org/ja/paralympics/sports/goalball/

ボッチャ Ver.
タイトル:

ボッチャは無数で緻密な戦略と正確なショット、得意球を磨く頭脳戦!

ファーストパラグラフ(概要 段落):

ボッチャは地上のカーリングとも呼ばれ、古代ギリシャの球投げを起源とし普及した競技です。試合は個人所有のボールを使い、お互い赤か青の6球を投げ、転がし足で蹴るなど攻め手を予想し戦略を探り合う面白さに注目。日本勢は世界と戦える「火ノ玉JAPAN」に期待する。

参考元:https://tokyo2020.org/ja/paralympics/sports/boccia/

シッティングバレーボール Ver.
タイトル:

シッティングバレーボールはルールと巧みな頭脳プレーの激しい地上戦

ファーストパラグラフ(概要 段落):校正

パラバレーボールはリハビリを目的に考案され、お尻を床に付けた状態で競技し、試合はサーブ技術やコミュニケーション能力、攻守ともに工夫や戦略が求められスピーディーでパワフルな試合展開やラリーの応酬などに注目!日本チームは選手強化を図り活躍を目指す。

参考元:https://tokyo2020.org/ja/paralympics/sports/sitting-volleyball/

自転車競技(ロード)Ver.
タイトル:

ロードはコースや自然環境を見極め攻略し相手との駆引きが勝負のカギ

ファーストパラグラフ(概要 段落):

パラサイクリング ロードは起伏のある屋外の長距離コースで競い合い、メダル数が多いのが特徴です。レースは己を追込む強いメンタルと独走力が求められ、個性豊かな選手達のバイクコントロールやパフォーマンスに注目!日本勢は強豪国を破り金メダル獲得に挑む。

参考元:https://tokyo2020.org/ja/paralympics/sports/cycling-road/

自転車競技(トラック)Ver.
タイトル:

トラックは残存機能や潜在力を最大限に発揮し己の限界スピードに挑む

ファーストパラグラフ(概要 段落):

パラサイクリング トラックは1周250mの自転車専用競技場(ベロドローム)が舞台です。試合は日頃の練習を積重ね技術を磨き、限界ギリギリまでスピードを出す選手達の迫力あるパフォーマンスに熱狂!日本勢は強豪国相手に競技力強化を図り、若手の活躍に期待する。

参考元:https://tokyo2020.org/ja/paralympics/sports/cycling-track/

陸上競技(マラソン) Ver.
タイトル:

マラソンは気象や路面状況を見極め、強い情熱で己の限界に挑むドラマ

ファーストパラグラフ(概要 段落):

パラ陸上 マラソンは公平にレースが出来るようクラス分けされ、レーサーやガイドと力を合せ限界まで走りきる42.195kmのドラマです。試合は過酷な条件の中で気象や路面状況を見極め、強靭な精神力で闘う選手達に称賛!日本勢は強豪国相手に地元開催都市で巻返しを狙う。

参考元:https://tokyo2020.org/ja/paralympics/sports/athletics/#para-discipline-description-athletics-marathon

陸上競技(フィールド) Ver.
タイトル:校正

フィールドは補装具と一体化し、独自スタイルと己の能力で限界に挑む

ファーストパラグラフ(概要 段落):

パラ陸上 フィールドは公平に競えるようクラス分けされ、試合はトレーニング方法や競技レベル、記録が急速に伸びる中、1㎝でも高く、遠くへと自己ベストを目指す選手のパフォーマンスやチームワークに注目!日本勢は現役選手も含め男女ともにメダル獲得を狙う。

参考元:https://tokyo2020.org/ja/paralympics/sports/athletics/#para-discipline-description-athletics-field

陸上競技(トラック) Ver.
タイトル:

トラックは補装具と一体化し、己の能力を最大限に引出し限界に挑む!

ファーストパラグラフ(概要 段落):校正

パラ陸上 トラックは競技の中で参加人数が最も多く、公平にレースを行うためクラス分けが工夫され、試合は1秒でも速く駆抜けるために競技レベルや記録も急速に向上し、年々上がる競争力と参加国、選手達に注目。日本勢は強豪国相手に新若手選手の活躍に期待する。

参考元:https://tokyo2020.org/ja/paralympics/sports/athletics/

ボート Ver.
タイトル:

ボートは上半身の力強いオール捌きや自然の読解力、駆引きとの勝負!

ファーストパラグラフ(概要 段落):校正

パラボートは6つの直線コース(2,000メートル)で競い合う水上最速のレース競技です。試合はスタートの合図で同時にボートを漕ぎ出し、フィニッシュラインを通過した僅差で勝敗が決し、異なる組合せでのチーム戦も見所。日本勢は選手強化を図り出場権獲得を目指す。

参考元:https://tokyo2020.org/ja/paralympics/sports/rowing/

カヌー(スプリント)Ver.
タイトル:

カヌーは鍛上げた上半身と艇との一体化、パドリング技術が勝利への鍵

ファーストパラグラフ(概要 段落):校正

パラカヌーは2種類の艇を使い水上の速さを競うシンプルな競技です。試合は鍛え抜いた上半身の筋肉やバランス感覚、高度な技を駆使し、いかに効率よく力強く、そして驚異のスピードの中でのパドル捌きに注目。日本勢は選手層を増やし強化を図りメダル獲得に挑む。

参考元:https://tokyo2020.org/ja/paralympics/sports/canoe-sprint/

トライアスロン Ver.
タイトル:

トライアスロンは補装具やヒトとの連携、切換の時短が勝負の決め手!

ファーストパラグラフ(概要 段落):校正

トライアスロンは欧米諸国で人気が高く、1人で3つの過酷な種目を行う競技です。レースは男女別、クラス別に行われ、距離はオリンピックの半分、計25.75㎞で白熱したレース展開に注目。日本勢は選手層の厚みを増やし、競技力強化や機材の改良を図り躍進を目指す。

参考元:https://tokyo2020.org/ja/paralympics/sports/triathlon/

水泳 Ver.
タイトル:

水泳は全身を駆使し試行錯誤を繰返し、磨き上げた泳ぎで最速に挑む!

ファーストパラグラフ(概要 段落):校正

パラ水泳は出場選手の多い競技で条件を揃えるためクラス分けされ、試合は多種多様のスタート方法と全身を最大限に活かし、抵抗を少なく推進力を最大にする個性豊かなフォーム、独自のスタイルが見所です。日本勢はメダリストをはじめ、若手の活躍に期待する。

参考元:https://tokyo2020.org/ja/paralympics/sports/swimming/

アーチェリー Ver.
タイトル:

アーチェリーは肢体を巧みに使い、工夫と個性で的を狙う多彩な妙技!

ファーストパラグラフ(概要 段落):校正

パラアーチェリーはパラリンピックの原点と言われるほど長い歴史を持つ競技です。試合はオリンピックとほぼ同じルールで行われ、ハイレベルな競技と選手に応じた多様なスタイルが見所。日本勢は強豪国相手に合宿や海外遠征などで強化を図りメダル獲得に挑む。

参考元:https://tokyo2020.org/ja/paralympics/sports/archery/

あくまでも作業段階のタイトルならびにリード文です。(12/4 14:20時点)

<<前のページホーム 次のページ >>